img_01

床コーティングを活用するテクニック

フロアコーティングとはフローリングなどを対象としたフロアに耐久性が高いものを塗装することです。

同じようなものでワックスを思い浮かべるかもしれませんがワックスとフロアコーティングは異なっています。
ではどのような点で異なっているのでしょうか。

ワックスというのは比較的安価で簡単にできるところが魅力ですが、その反面様々な弱点があります。

まず安全性の問題です。

ワックスと言うのは簡単に塗ることができますが、水に弱く、さらに摩耗しやすくはがれやすくなっています。


そのため細かなチリとなって部屋の空気を汚してしまう可能性が高く、そのチリが原因でシックハウス症候群になったりする可能性もあります。

またワックスの多くの成分は水でできています。

つまり何回も塗れば塗るほど床は水分を吸収することになってしまいだんだんと傷んできてしまいます。またワックスは安価で塗ることができますが、上述のようにはがれやすいため何回も塗りなおさなければいけないため、長期で見るとかなりの額がかかってしまいます。ワックスにはこのような問題点がありますがフロアコーティングならこのような心配はありません。


フロアコーティングで使われるものは非常に耐久性が高くワックスのように簡単にはがれるものではないのでちょっとやそっとじゃ剥がれません。

お客様に相応しい床コーティングが揃っています。低コストで実施できる床コーティングです。



ワックスの場合はすぐ剥がれてしまうため安全性の問題があったり、何回も掛けなおす必要がありましたがフロアコーティングの場合は一度塗れば十年単位で持つのでかけなおす必要も安全性の問題もありません。また耐水性もあるため水ぶきなどを何回も繰り返しても大丈夫です。

さらに耐水性があるので床に水分を通すことがなく床をダメージから守ってくれるという効果も期待できます。

ワックスでは何回も塗る必要があったため長期で見ると費用も多くかかってしまいますが、フロアコーティングの場合は一回につき十年単位で持つので一回の費用がワックスより高いとしても長期で見れば安く済み経済的にもメリットがあります。

今までワックスを塗っていた人はフロアコーティングに切り替えてみてはいかがでしょうか。